チャート式数学問題集 白・青・赤・黄・黒どれをいつやるべき?

数学といえば数研出版のチャート式数学問題集が非常に有名で、難易度に合わせて、白チャート・青チャート・赤チャート・黄チャート・黒チャートなどと呼ばれています。これは別に順番に全部の色を制覇しないといけないというものではありません。普通、そんな時間はありません。では、どれくらいの学力の高校生はどの色のチャートをどの大学を目指す場合に選ぶべきなのでしょうか?

白チャート

これはチャート式シリーズの中でもっとも基礎的なレベルで、数学が得意ではない人のための教科書レベル、あるいはセンター試験の基礎的な問題に相当するレベルらしいです。

黄チャート

これは白チャートより一段階上のレベルの問題集。センター試験対策用でしょうか。

青チャート

青チャートがようやく二次試験レベルの問題集のようです。難関大学であってもこの青チャートで対応できるという人も多いようです。青チャートで東大に合格できるのかという議論もよくネットで見かけます。東大合格者の体験談を読むと、青チャートを仕上げたあとはチャート式はもう卒業して、別の会社の問題集、例えば、東京出版の1対1対応の演習などに進む人も多いようです。受験ブログや大学合格者のお勧めの問題集としてチャート式が挙がる場合には、「青チャート」ばかり耳にして、他の色のチャートが言及されることがあまりないようです。なぜ青チャートばかりがこれほど人気なのかといえば、教科書の基本的な部分から大学の二次試験対策までがこの一冊でできてしまうという、カバーするレベルの範囲が広いからなのでしょう。

チャート式のメリットはその「網羅性」でしょう。つまりこの一冊をきっちりと仕上げれば、新しい問題に出くわしてもたいていその類題は既にやっているはず、という状態になるわけです。「穴」があっては困りますので、覚えておくべき解法を一通り押さえておくには、青チャートは良いのだと思います。

武田塾の先生が、青チャートおよび青チャート終了後の問題集とその所要期間についてコメントしている動画があったので参考までに紹介しておきます。

進学校あるある『青チャート→1対1→スタ演』ルートは 武田塾の勉強法だとどれくらいで終わるの?|受験相談SOS vol.434 武田塾チャンネル|参考書のやり方・大学受験情報 2016/01/20

この量はかなり多いということだそうです。

  • 青チャート数学I+A,II+B,III ある程度基礎がある人だとして、一冊当たり2カ月(かかって3カ月以内) なので全部やると半年。
  • 1対1対応の演習 6冊あるが、例題だけでも各々1~1カ月半かかる。演習題も含めて全部やるなら丸1年かかる。
  • スタンダード演習 IAIIBは3,4カ月、IIIが2、3カ月、2冊合わせて半年。

よって、青チャート、1対1、スタ演を全部やるとすると丸2年かかるでしょうとのこと。ただし、これは時間に余裕がある高校生がやればいいことで、時間にそこまで余裕がない人ならば、青チャートはすべてやるとしても、そのあとは、志望大学に合わせて重点的に分野を選んでやるほうが現実的なんだそうです。

青チャート+上位レベルの問題集をやる人がいる一方で、青チャート+過去問で十分という意見もあるようです。ただ、注意しないといけないのは、数学を得点源とするのか、それとも数学はギリギリの点数で良くてその分を他の英語などでカバーするのかという戦略によっても、このあたりは変わってくるという点です。総合点で合格ラインを超えるために、どの科目をどれくらい取るかという戦略が個人個人で違うことを理解しましょう。

青チャートの強みは基本例題の網羅性です。これで東大京大に受かってるので安心してください。応用問題は過去問に任せればよいのです。青チャートは辞書的に使うこともできるように問題数が多すぎるほど詰め込まれています。これを例題だけに絞ることで数学のすべてのパターンを頭に入れます。数学の弱点がなくなるわけです。例題の勉強は暗記でかまいません。(センター数学から東大数学まで青チャートで十分(前編)2012年09月10日(月) 偏差値50からの勉強法(東大京大へ!!)

しかし私の学年から1年生の最初から青チャートを使って勉強させられました。具体的に言うと、授業は教科書を用いて先生が授業し解説し、青チャートで問題演習という形で行われていました。もちろん定期考査も青チャートで範囲を指定され、青チャートから数問、類題を数問、発展問題を数問という形で行われていました。一応、私の高校は地方にありますが県で一番の進学校でした。また関連性は分かりませんが私たちの代から進学実績も上がっています。これは青チャートによって数学の基礎体力がついたからだと私も実感しています。(徹底解説!最も効率の良い青チャートの勉強法

 

赤チャート

近所の書店でよく見かけるのがこの赤チャートや青チャートです。赤チャートは難関大学(旧帝大)受験者向けのようです。

黒チャート

新課程入試対応 数学難問集 100 (チャート式・シリーズ)  2015/10/1 チャート研究所 編

なるほど、表紙が黒いです。アマゾンのレビューを見ていると、これに手を出していいのは数学マニアくらいだそうです。「捨て問」集と揶揄する人もいます。捨て問、つまり難しすぎてどうせみんなが解けないので、これを捨てても他の簡単な問題を解きさえすればその大学に合格できるということです。東大や京大の難問がたくさん掲載されているようですが、数研出版の解答は駿台や東京出版に比べるとよくないというアマゾンレビューもありました。数学は、応用が利くような筋の良い解法を学ぶことが大事なので解答が良くない(間違っているという意味ではもちろんありません)といわれる問題集にわざわざ手を出すことは、普通の受験生には意味がないことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です