ドラゴン堀江 第3巻 堀江と受験者の初面談! 2018年11月20日放送

第3巻:爆弾発言連発!堀江と受験者の初面談!「東大の競争率は意外に低い!」
27分6.4k視聴2018年11月20日放送

ドラゴン堀江 第3回放送分 URL ⇒ https://abema.tv/video/episode/90-1175_s1_p3

【第3巻 フル】堀江が全国の受験生に挑戦状…爆弾発言を連続投下!「東大の競争率は意外に低い」新たな”堀江メソッド”&最強数学講師の高速学習による問題解説も限定公開『ドラゴン堀江』火曜よる11時放送

(4:30~) 単語覚えたら英語のめっちゃ問題解けるようになるから超気持ちいいよ。俺も一カ月で、一カ月半くらいで単語2000個くらい全部覚えたんだけど、途中から気持ちよくなってきた。点がスゲー伸びてくるから。
単語やったら絶対、全然もう、見てる世界が変わる。とにかく英語だよ。 (英語は何します?単語?)僕は単語だと思っていて、ホリタンを暗記して、ここで、今から全部言えるっていう。

(5:49)ホリタン英単語約5000個記載 目安 一週間で1100個 現状 一週間で100個

(10:28)センター試験なんてただのテクニックだから。これもう、テクニックなんで。絶対、マニュアル通りにやれば絶対に取れる。足切りくらいをクリアする点は、あなたたちは。ポテンシャルはあるの。だけど学校の先生たちはテクニックのこととか絶対に言わないわけ。教育者ってそういう人たちだから。教育者ってのは、そういうことをよしとしていない。受験はテクニックなんだよって、彼らは思想として言いたくないわけ。言いたくない人たちが先生になっているから。理想がすごく高いんで、なにか、美しく正々堂々とど真ん中から東大にうかりなさいというひとたちだから。俺のいうことなんて、ずるいというわけ。あなたたちは馬鹿をみてる。俺は途中で気づいて、あ、これはテクニックだと。それは僕たちが伝授するんで。僕たちはただのテクニックだと思っているから。センター試験なんかもう完全にテクニックだから。

(12:51~)2018年東大入試数学 ラジアンの定義。 たくみ先生の解説。(13:16~)

東大の競争率について

(15:16~)

わちみなみ

(17:15~)センター試験の数学は絶対取れるの200点。

(19:58~)まんが「日本の歴史」を読んでください。通読してまず流れを。

東大受験を志すことについて

(24:20~)最後はメンタルだから。地方の一流高校でなくて普通の高校のトップのやつは全員うかるの。学力的には。受けないだけで。まず進路指導の先生が、「東大受ける」って言ったら、「いやぁ、君は九州大学にしときなさい」とかいうわけ。(だいたい先生が東大のことわかってないですから) そう、だってそいつ東大行ってないもん。

ほりえもんがセンター試験の過去問を解いた結果

国語:200点満点中 86点

数学:数学I・A 100点満点中16点 数学II・B 100点満点中0点

この時点で、センター試験まであと60日!

 

いやぁ、これは無理でしょ。いくらなんでも。ほりもんはセンター試験の数学は200点満点を取れると豪語していました。実際、東大合格者どころか、国公立の地方大を受ける人で文系の人であっても200点を取る人は珍しくないです。センター試験の数学はそういうものです。しかし、東大の二次試験はセンター試験とは天と地ほどの違いがあるでしょう。ホリエモン以下、面倒を見ている受験生が3人とも惨敗するのは目に見えています。センター試験はテクニックとか薄っぺらい発現をしているのを聞いて結構驚きました。そりゃないでしょう。テクニックとか言ってないで、まっとうな勉強をするほうが近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です